RSS | ATOM | SEARCH
それがきみのA.C.E.

タイトルは中西圭三さんの歌です。部屋を掃除してたらカセットテープがたくさん出てきました。その中に中西圭三さんのアルバムをカセットテープへダビングしたものがでてきて、そのテープのケースの裏表紙の書き込み欄に、もはや顔も思い出せない女性の筆跡でアルバム収録の曲名が書かれていました。当時おつきあいしていた方からプレゼントされたものでした。大学生でした。青春ですね。ごめん、すっかり忘れてしまったよ。過ぎゆく年月は非情だね。暗い店、暗い場所ばかりでデートしていたからでしょうか。

さて、ACEくんが出張で名古屋に来てまして、土曜日に私の先生としてHI-5へお招きしたこの週末。

ずっと練習していた技はかなり低い位置ですがメイク出来るようになりました。

で、その技のつもりでずっと練習してた技はどうやら違う種類のモノのようで、それはそれで継続して育てていくお約束をしました。

さすがに教え方が的確なバート苦労人のACEくん。歳もスケート歴も彼のほうがぜんぜん若いんだけどちゃんと考えて着実に上達してきた海外大会の戦友であり、ケンダマの海外への普及をした仲間。

とてもよい土曜日でした。朝ジョギングで神社へも行ったし、がんがんスケートできたし、低いけど当初求めていた技はメイクできたし。

日曜日はその疲れが出てパークセクションが通常は3往復分のルーティーンがくめる体力があるはずなんだけど、2往復で終了せざるをえないほどに疲労が蓄積していて・・・それだけ充実した土曜日だったということだね。

ルーティーンが出来ないなら普段やらないことをまこっちゃんにけしかけられてがんばりまして、楽しめました。

 

author:Jun Suzuki, category:-, 16:19
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:19
-, -, - -