RSS | ATOM | SEARCH
祖母の葬儀と広島豪雨災害のボランティア

どーも。

先週は週の頭から北陸へ出張し、火曜の夜に祖母が亡くなった連絡をうけ、木曜日の夜にお通夜、金曜告別式ということで佐世保へ。

台風が来ていたのでぎりぎりに佐世保に着く感じではなくとにかく急いで新幹線で。飛行機だと飛ばないとかあったらダメだしね。

見慣れない従兄弟や従兄弟の嫁、旦那、みんなで葬儀場に雑魚寝し、葬儀後も叔父の家で雑魚寝。

祖母は10年前程から僕のことは思い出せなくなっていたので、そのときよりはつらくなかったですが、よい思い出ばかり。

土曜日の朝、佐世保から博多、博多から小倉までみどりとソニックを使って移動、そのあと普通列車で関門海峡を通って下関へ。

下関の駅のホーム、懐かしかった・・・小さいころ、寝台特急さくらに乗って佐世保まで移動していたころ、下関では海底トンネルを通るため、ステンレスギンギラギンの機関車への交換が行われていて、朝、写真を撮りにホームに降りてた。変わってないなぁ。

で、新山口まで普通列車で行き、土曜の夜はひとまずここで宿泊。翌朝一番の新幹線と広島の呉線を使い広島の坂という被災地へ。

ボランティアセンターは完璧でした。長靴の無料貸出があって、タオル、帽子、マスク、軍手、革手袋、おやつ、あめ、飲み物が無料配布。道具は全部現場にあり、現場まではワンボックスで送迎あり。長ズボンさえ着ていれば、ボランティアセンターへ行くだけでボランティアが出来ます。汗だくになるので帰りの着替えだけ持って行けばよし!現地に着いたら必要な道具、電気は来ているので冷蔵庫の中に冷たい飲料やら氷らせたタオルやら・・・

しかし、もうすぐ2ヶ月ともなろうというのにまだ泥掻きをやっている状態。ぜんぜんボランティアが足りていません。報道も名古屋のほうではぜんぜんやらなくなったし。「知る権利」は振りかざすくせに、マスコミ得意の「報道しない自由」が炸裂してますね!!!テレビでは優勝校ではなく準優勝の高校のお話ばかりマスコミさんが垂れ流しているとお聞きしてますよ。

日月火と作業して、月曜の夜は広島営業所の所長さんとお肉を食べてカラオケいったら火曜日の作業で死ぬかと思いました。もう若くないんだなぁと。帰り際、広島菜漬byNEKO−Gさんの漬け物を買うことも出来ず、あなごめしの駅弁を買って新幹線に飛び乗りました。お弁当の中にちょっと菜漬が入っていたので堪能いたしました。

author:Jun Suzuki, category:-, 09:16
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:16
-, -, - -