RSS | ATOM | SEARCH
夢のような週末

どーも。

夢のような週末でした。金曜日から日曜日にかけて。

JASPA2018ハーフパイプ競技、出場しました。毎回言いますけど、ジャッジスタッフとして行っているはずが、盛り上げるためにエントリーしてほしい・・・そりゃタケシからお願いされると相手が相手なだけに「こんなに幸せなことはない」と。練習せずに出ることが数回。

もう、いい加減にちゃんと練習していこうよ!って感じですよね。毎回なんだかんだ言って出てるわけで。でもさ、ちゃんと練習したのに、出られないとなれば、それはそれで、かなりつらいんですよ。

バートの練習ってほんと、積み重ねが重要で、精度を出さなければならなくて、少なくとも半年以上、毎週バートに入らないとやれないモノなのです。角井さん(48歳)というモンスターを除いて。

でも今回は、自ら「僕、出ようか?」とお願いしました。思うことがあって決断したのですが、ここでは割愛。

ここ数ヶ月、HI−5の混雑を避けたメンバーとともに、リアルのカーブばかりで遊んでいたので正直無謀なエントリーでしたが、意外に?恥ずかしくない程度に滑ることが出来ました。

まぁ当然、ルーティンは通せず、予選も通らず。でも、あのメンバーの中に自分が居た、一緒に滑ることが出来たというのは僕はやっぱりバートスケーターなんだなぁと。幸せでしたね。

印象的なスケーターとしては吉田安里沙、もう、エアーが渋い!川崎鮎美ちゃんのようなしなやかな動きの中にプラス、バネというか力強さがあって、今のままでも充分世界に通用するスタイルというか、カッコよさを持っていると思う。もう、リューカンのエアーなんてほてれしまいそう・・・って大丈夫、みなさんご承知の通り、私はこの歳になっても恋愛対象は年上なので、そういうのじゃないですから。で、もう一人の女子高生スケーターのジュリアは超メローで高いマックツイストを繰り出してきます。いいなぁマックツイスト。って、おまえも練習して取り戻せよ!って感じですよね。男子の若手もすごいのばっかりで、もう44歳の私としては今紹介したスケーターの親御さんよりも年が上なので、もう、保護者の気分・・・

大会会場にはいろんな人が来ていて懐かしいメンバーも来ていて、カッコイイ男ども&女性たちといろんな話をして、自分に自信がもてるような気にさせてもらいました。そうそう、KEVIN久保田氏にインバートの写真を撮ってもらいました。感謝!!!!

ちゃんと土曜日はジョギングがてら神社でお参りもしたし。

よい週末でした。僕は幸せ者です。私と家族はこの週末も楽しく過ごせました。ありがとうみんな。祈りを込めて。

author:Jun Suzuki, category:-, 07:56
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:56
-, -, - -