RSS | ATOM | SEARCH
金太さん、澳門に着く

体験したいことがあってマカオへ。結果としてその体験をすることはかなわず、まぁ人生なんてそんなものです。違う方法を考えるのもまた一興。
木曜の夜の便で香港へ。仕事終わりに空港の温泉に入って、まるは食堂のエビフライをつまみに一人飲み。今回はノースケートのバックパッカーひとり旅。
香港についてエアポートエクスプレスに乗って、九龍の駅から最終の無料シャトルバスに間に合い、それに乗って、昔、皆と泊まったシティービューホテルで降り、道路ネイザンロードを300メートルくらい歩いて雑居ビルの中のホステル(窓無し&壁がピンク)一泊3500円に宿泊。なんか、セブに住んでいた頃の部屋を思い出した。モンコックあたりを冷やかして部屋に戻り就寝。
2日目の朝、ローカルな店でお粥の朝食後、いよいよマカオへ。地下鉄で九龍から香港島へ。
そういえば中国に犯人を送る送らないの条例反対のデモがあったばかりの香港島。その現場の2つくらい先の駅、上環にあるフェリーターミナルから船でマカオへ。予約無しで直近の便に乗れた。フェリーターミナルで出国審査し乗船。約1時間で到着。
マカオのフェリーターミナルはマカオグランプリのパドックがあるところで、当然、その向こうにはメインストレートと観客席があって、周りにはキンキラキンのホテルが立ち並ぶ、趣味が良いとは言えない、でも綺麗な街並みの場所でした。

とりあえず、帰りの船の予約をしなければ香港国際空港から名古屋に帰れない。帰りは予約無しというわけには行かないだろさ。
予約が無事とれてターミナルの外へ。まだお昼前、ホテルにチェックインするにはまだ早い。世界遺産の街並が残るセナド広場へ観光でも行こうかと。歩いて行くと1時間くらいかかりそうなので、フェリーターミナル駐車場に停まっていたセナド広場近くのホテルの送迎バスに堂々とタダ乗り。
ここら辺のフットワークの良さは一人&リュック1つじゃないと難しいよなぁ。旧市街や教会などをみて、カレーおでん屋さんの軒先で立ち食いのランチ。1時間ほどぶらぶらしてホテルへ。旧マンダリンオリエンタルマカオだったグランドラパホテルに宿泊。プールサイドでビールのみながら読書したり、昼寝したり。
夕方、スーパーマーケットをひやかして、近くのカジノへ。そこで赤江珠緒似の台湾人と知り合い、夕食はその中の施設でディナーバイキング。
3日目は朝ホテルのバイキング、プールサイドで昼寝、プールサイドでランチ、プールサイドで読書、夕方は近くのスーパーで買い物をし、鰻のおにぎりとお寿司を買い込み部屋でタブレットみながら一人で酒飲んで終了。
4日目は朝一番の船(香港国際空港の桟橋直行)で空港へ。4時頃名古屋に着き、車から降りるなりいきなりジョギングがてら神社へお参り。
夜は家族と過ごしました。久しぶりに家族と会うとよいものです。
リュックひとり旅だったのでお土産は無し!と言ったら期待していなかった模様。よく出来た家族の皆さんです。僕は幸せ者です。ありがとうみんな。祈りを込めて。

author:Jun Suzuki, category:-, 08:59
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:59
-, -, - -