RSS | ATOM | SEARCH
長野市でのボランティア

先週のお話。

木曜日は京都で展示会。夕方大阪支店へ立ち寄り、夜は支店長さん(年下)と、主任の女性(妖艶)と私の三人で大阪グルメを満喫。そのまま新大阪近くのホテルに泊まり。

金曜日は早朝の便で名古屋の事務所へ戻り、仕事を終えた後、夜、ジョギングがてら神社へお参り。

土曜日は朝イチの特急ワイドビューしなのに乗り長野へ。名古屋駅のホームは山ガールやら老夫婦の登山趣味の方々でいっぱい。

私の目的は、台風19号千曲川が氾濫し2メートルほど冠水したという長野市北部ボランティアのため。私にとって初めての長野滞在。

名古屋〜長野は3時間。そこから長野電鉄にダッシュで乗り換え(本数が少ないので)柳原の駅まで。途中、成田エクスプレスとすれ違ったような。

11時前にはなんとかボランティアセンターへたどり着き、午前中の作業を少しと、午後フルで。まだ普通に道路が冠水していて長袖長ズボンでは間に合わず、上下カッパでないとマズイ状況。お寺の泥だし等。おそらく年内はボランティアが必要なほどの被害ではないだろうか。

夜は長野駅前のホテルに泊まり、善光寺方面に石畳の道を歩きながらプチ観光、夜は寿司と信州そばを。

日曜日は朝から廃棄物の分別とトラックへの積み込み作業。名古屋市のごみ収集車が沢山きて仕事してました。よくやった名古屋市長!午後から天気が悪そう&すこし早く帰りたいということで午前中の作業だけを希望し、12時過ぎに作業を終わり、無人駅の柳原駅のお手洗いで着替えをし、2時過ぎの長野発の特急しなのに乗って午後6時前には名古屋の自宅に戻りました。

まだまだ現場は混乱している状況。せっかく来てくれたボランティアが手持ちぶさたになったり、現場とボランティアセンターの送迎バスの待ち時間が数時間かかったとか、そんな話も。徐々に改善されているとのことだったので少し安心しました。

被災された方々にはお気の毒としか言いようがありません。貴重な体験をさせていただきました。

家に戻って被災地のこと、長野のことを家族に話して、家族と食事をして終了。貴重な週末を過ごしました。祈りを込めて。

 

この週末、私はここで己に向き合います。

A post shared by Jun Suzuki (@suzuki.jun) on

author:Jun Suzuki, category:-, 16:38
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:38
-, -, - -